読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコク学生日報

バンコクに一年間留学している大学4年生。バンコクでの生活、旅行記、タマサート留学生とバックパッカーにむけた旅情報などをゆるく書いていきます。

バンコクの交通事情【チャオプラヤ川編】

タマサート大学生活 交通機関

サワディーカ!

交通機関第4弾は、舟です。
 f:id:shallowwell:20160603113634j:image

これまた日本ではあまり使わないですが、バンコクでは使う頻度ははるかに高いです。
 
バンコクにはチャオプラヤ川という曲がりくねった川が流れており、川を渡る、もしくは川を使って移動するためによく舟に乗ります。
 

その1 渡し舟

チャオプラヤの川幅は広く、また日本のように河川敷は全くないのが特徴です。
 f:id:shallowwell:20160512191910j:image
 
川幅の広く、橋の数も多くないので川を渡るのに渡し舟を使うことは川沿い住民にとって基本です。
 
料金はたったの3バーツ。乗る前か降りた先の港でお金を払います。
ワットプラケオがあるTha chanの港からは、対岸にあるシリラート病院まで行けます。 
f:id:shallowwell:20160512191957j:image
渡し船は四角くてかわいらしい。
川を上り下りする船を避けながら川の対岸まで渡る必要があるため、かなり小回りが利きます。
 f:id:shallowwell:20160603105601j:image
たまにひやっとします笑
 

その2 チャオプラヤエクスプレス

Chao Phraya Express Boatは、チャオプラヤ川沿いにある港を上り下りしていくボートです。

日本だと川の船はほとんど観光目的で、移動するために船に乗ることは滅多にありませんが、渋滞が激しいタイではある程度かかる時間が安定している乗り物として立派な移動手段です。 
f:id:shallowwell:20160603103819j:image
 
①船着場と乗り方
チャオプラヤ川沿いにはかなり多くの駅が設けられていて、それぞれの駅からボートに乗れます。
チャオプラヤ川は昔から重要な交易のルートであったため、周りには重要な施設が多いです。
なのでこれでもかというほどにバンコクの観光名所の近くを通ります。
 
では代表的な駅とそこから行ける観光地を書いていきます。
 
・N13 Phra Artit                 
 カオサン通り
→バックパッカー宿とバー街。
・N12 Phra Pin klao bridge  
 3J court(学生寮)

 → タマサート大などの学生寮がすぐ近くにある。

・N10 Wang Lang

    シリラート病院・博物館

→シリラート病院の中にある博物館では赤ちゃんや死刑囚の死体などが飾られているかなりグロテスクな博物館がある。

・N☆ Maharaj                      

 マハラート・タマサート大学

→川沿いの狭い通りを北に向かうとタマサート大

・N9   Tha Chan                  

 ワットプラケオ・王宮

・N8   Tha Tien                    

 ワットポー(涅槃仏)・ワットアルン

→ワットアルンは着いたら渡し船で対岸に向かう

・N5   Rajichawongse            

 中華街(ヤワラート通り)

・N4   Marine department    

  国鉄・MRTフアランポーン駅

→駅まではやや距離があるのでタクシーを使わないとしんどい。

・CP  Sathorn                

    BTSサパーンタクシン駅・アジアティーク

→メインの乗り場。おしゃれなショッピングモールがあるAsiatique The Riverfront(アジアティーク)へは、サトーンで無料のシャトル船に乗り換えられる。

 f:id:shallowwell:20160603113232j:image
中華街に近いRajivhawongseの船着場。

f:id:shallowwell:20160603113108j:image
船が来たらガツガツ乗り込みましょう。
 

②船の種類

チャオプラヤエクスプレスにはいくつか種類があります。
 f:id:shallowwell:20160603102812j:image
オレンジは停車駅が多めで、黄色と緑は停車駅が少なめの急行線です。水色は観光用で高いです。
f:id:shallowwell:20160603103930j:image
停車駅マップはこんな感じです。
日中でもそれぞれ20分に一本くらいは運転しているみたいです。

旗は船の後ろについています。
f:id:shallowwell:20160603103239j:image
これで種類を見分けましょう。

運行時間は6:00-19:00頃までと、最終便がやや早いのがネックです。


③運賃の払い方

船に乗る前に船着場で払うか、船の中で払います。運賃は13バーツ〜で、距離と種類によって変わっていきます。あまりに混んでいるときは払わずにそのまま降りられちゃうこともあります。

④景色を楽しむ

川沿いには重要な見所が多いので、景色を見ているだけでも飽きません。
 
f:id:shallowwell:20160512192059j:image
沈む夕日とワットアルン(暁の寺)。

ワットプラケオ(王宮)の方からサパーンタクシンへ向けて船に乗ると、右側にはある程度整備された河岸があるのに対して、左側は東南アジアらしい、むき出しの河岸で、左右で全く景色が違うことに気づきます。

f:id:shallowwell:20160603105750j:image
くぐる橋の1つであるSaphan phut(Memorial Bridge)も綺麗です。
メモリアルブリッジの駅で降りるとナイトマーケットがやっていたりします。
f:id:shallowwell:20160603110714j:image
橋からの夕日も素敵です。

f:id:shallowwell:20160603112759j:image
サトーン駅を降りると、アジア金融危機以降建設が止まったままだというゴーストタワーが見えます。かつては上まで登れたらしいですが、今は立ち入りができないようです。

さいごに

時間に余裕がない人は、かなり高いですがロングテールボートというTAXIボートに乗るのもいいでしょう。
f:id:shallowwell:20160603112707j:image
料金は行き先と時間、人数によって交渉制です。

このように、単に移動できるだけではなく景色や現地の雰囲気を楽しみながら進めるのでバンコクに来たら船に乗るのをオススメします。