読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコク学生日報

バンコクに一年間留学している大学4年生。バンコクでの生活、旅行記、タマサート留学生とバックパッカーにむけた旅情報などをゆるく書いていきます。

シンガポールの親切安宿 Travelers' Loft @Lavender

こんにちは。 

今回はシンガポール第三弾。泊まった宿がよかったので紹介します。

 

シンガポールは(タイなどに比べて)宿泊代金は高くついてしまうのがネックですよね。

ゲストハウスのドミトリーでも一泊2000円はしてしまうのが相場です。

自分も空港で野宿するなど、なんとか宿代を抑えようと工夫しました。 

shallowwell.hatenadiary.com

 

しかし、 僕が泊まった宿、Travellers' Loft@Lavendar

安くて快適さも保証できるおススメゲストハウスです。

僕は泊まる一週間ほど前にBooking.comで予約しましたが、

なんと一泊16$(約1300円)。

(ベッド8台のドミトリー)

前日に急きょ予約した友達も一泊18$でした。

評判は良かったものの安すぎるので、

宿に着く前は心配していました。

 

空港泊をしていたので、朝8時頃着いて中に入りました。(8時前は施錠されています)

f:id:shallowwell:20160322145028j:image

恐る恐る入ると、暖かくスタッフの方が迎えてくれました。

こぢんまりとしたゲストハウスです。

荷物も置けるし、シャワーも使っていいし、なんと朝ごはんも自由に食べていいとのこと。

f:id:shallowwell:20160322154012j:image

出発する早朝に撮ったので写真は暗いです。

空港泊で疲れていた僕には彼らは仏のようでした。 

(ちなみに朝からアーリーチェックインをしたければ一泊料金の半額程度を払えばできるそうです。)

 

シャワールーム、トイレ(どちらも共用)、ロビー、部屋もすべて清潔で快適です。

f:id:shallowwell:20160322145123j:image

 WIFI、コンセント、ロッカーも完備です。

8-10時の間、パンとシリアルの朝食を無料で食べられます。

(味は期待しないでください)

f:id:shallowwell:20160322154600j:image

食べてそのまま放置しようとした僕の心に刺さります。

 

ネックとしては、ルームキーのデポジット30$を払わなくてはならないことです。

僕は最終日は午前中の便に乗らなくてはならなかったので、おかげでお金を使い切れず余分に残ってしまいました。

あと、共用スペースのロビーはやや狭く、テーブルしかないです。

宿でのんびりしたい人には物足りないかも。

行き方

MRT Boonkeng駅が最寄り。

f:id:shallowwell:20160322154315j:image

C出口を出て、

f:id:shallowwell:20160322154301j:image

そのまま直進し、突き当たった道を左折。

まっすぐ歩きながら左上を眺めていると、看板があります。(信号の手前です)

徒歩5分程度。

 

リトルインディアに近く、歩いて10分ちょいで行くことができます。

マリーナベイなどの中心地もMRTを乗り継いで15分ほどで着きます。

立地も悪くなく、快適で清潔で格安なゲストハウス。ぜひ使ってみてください。