読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコク学生日報

バンコクに一年間留学している大学4年生。バンコクでの生活、旅行記、タマサート留学生とバックパッカーにむけた旅情報などをゆるく書いていきます。

タマサート大学の安くてうまい学食紹介

タマサート大学生活 バンコク情報

サワディーカ!

 

今日は学食紹介〜

f:id:shallowwell:20160603024503j:image

日本でも学食を食べるためだけに大学に行ってみる人もいますよね。

タマサートの学食は安くてあらゆる種類のタイ屋台料理が楽しめるので、タイ旅行者も訪れるカチありだと思います。(魚料理だけはほとんどないです)誰でも自由に大学に入って食べることができます。

 

タマサートの学食は開放型。

f:id:shallowwell:20160603024220j:image

川沿いで風通しもまあまあいいです。

 

メインの学食には店は全部で10店舗あります。

まずは図書館・王宮側の4店舗を紹介します。それぞれタイプが異なるので、見ていきましょう。

①Halal food

 f:id:shallowwell:20160603024311j:image

イスラム教徒が多いタイ南部料理がメインのハラルフード店です。

 

チキンビリヤニ 35B

f:id:shallowwell:20160607182937j:image

ここのチキンビリヤニはなかなか美味く、留学生にも人気です。ソースは緑色で、甘くてピリッと辛いです。

 

クワイティアウゲーン(カレーヌードル)35B

 f:id:shallowwell:20160613152818j:image

これは、タイ北部料理のカオソーイに似ているとタイ人の友人が言っていました。

カオソーイと違うのは、米麺であることと。あと甘さも強いし辛いです。

 

クワィッティアオナーム ヌア 35B

f:id:shallowwell:20160611001007j:image

取材用にクワイティアオゲーンを頼もうとしたら僕の未熟なタイ語のせいで出てきてしまった料理がこちらです。ナームとは水のこと。つまりスープ入りってこと。ヌアとは牛肉のこと。加えておそらく鶏のだんごが入っています。なぜかおばちゃんに「プレゼントよ」と言われてうずらの卵を10個くらい入れてもらったけどそんなに卵いらない...笑

 

トレイから選ぶランダム料理 30B

f:id:shallowwell:20160603025255j:image

またこのように、トレイに入ったハラル料理を組み合わせられます。煮卵はかなり甘かったので僕にはイマイチでした。

② Song Pi Nong

f:id:shallowwell:20160609174001j:image

麺類メインです。メニューはないので、好きな麺と好きな肉を合わせます。

よく煮込まれた鶏肉や豚肉、さらには鶏の足や内臓もあります。

麺はタイ麺料理の基本であるバミー(卵麺)、センヤイ(米きしめん)、センレック(米うどん)、センミー(米ビーフン)の四種類から選べます。

f:id:shallowwell:20160609173522j:image 

 

バミーガイ 30B

f:id:shallowwell:20160609173443j:image

 バミーという、卵小麦麺をつかった料理です。スープの色は濃く、かなり甘い味付けです。甘いスープの麺は日本ではあまりメジャーではありませんが、ハマる人はハマると思います。よく煮込まれたガイ(鶏)も柔らかくてうまいです。

 

 クワィッティアオムートゥン センヤイ30B

f:id:shallowwell:20160721114805j:image

ムートゥンとは、 ハーブでじっくり煮込んだ豚肉のことです。これまた肉が柔らかくておいしいです。今回は幅広いきしめんのような、センヤイを選びました。

③Tean Tong

 f:id:shallowwell:20160603025450j:image

米の麺クワイティアオや小麦麺バミーのような麺料理と、タイのサラダなどを売っています。

 

クワィッティアオトムヤム 25B

f:id:shallowwell:20160603025707j:image

基本の麺料理です。トムヤムと言えば赤い色を想像するかもしれませんが、ここでは透明です。なので辛くありませんが、自由に唐辛子を足せます。酸味があって、肉団子やパリッとしたせんべいみたいなものが入っていておいしいです。

 

ラープガイトー(揚げ鶏のサラダ)35B カオニャオ5B

f:id:shallowwell:20160603094609j:image

一押しです。揚げたチキンに玉ねぎやパクチーを加えて、ナンプラーやライムであえて作ります。酸味があるので脂っこい揚げ鶏をかなり美味しく食べられます。ただ、しばしば醤油の塩辛さが強すぎます。カオニャオ(もち米)との愛称は抜群。

イェンタフォー 

 f:id:shallowwell:20160721122436j:image

このピンク色のスープに度肝をぬかれるかもしれません。これは紅腐乳という豆腐を塩漬けにして、紅麹で発酵した赤い液体によるもの。この赤いドロドロの液体をスープに入れる瞬間は少しゾッとしますが、これがまた食べると普通においしいんです。

 

ソムタム(青パパイヤのサラダ)25B

f:id:shallowwell:20160603094733j:image

イサーン発祥の、タイの国民的サラダです。専用の甕で細切りにしてある青パパイヤと人参をいれてつぶし、ナンプラーやにんにく、唐辛子、酢、砂糖、ナッツ、小エビなどとあえます。青パパイヤやサラダとはいえ濃い味付けがしてあるので、メインディッシュとしてもいけます。

僕は初めて食べた時は青パパイヤの臭いが強すぎて、「これは好きになれないな」と思ったのですが、なにを間違えたのかその後3回くらい注文したら臭いに慣れて好きになりました。だいたい唐辛子と塩分で辛すぎるので、ペッニットノイ(辛さ控えめ)、ケムニットノイ(塩味控えめ)と言って注文します。今ではほぼ毎日のように食べています。

カイケム(ゆで卵の塩漬け)、プ―ケム(塩漬けのカニ)、プラー(発酵魚)、などを足せます。プラーは臭うので食べるのは辛かったです。

f:id:shallowwell:20160603094834j:image

ドス黒くて匂いが強いソムタムパラー

今思うとよく注文したなって思います。

 f:id:shallowwell:20160721121539j:image

上はソムタムカーオポート。カーオポート(トウモロコシ)メインのソムタムなので、初めてでも比較的食べやすいと思います。

 

④Kaw Kang Mae Pim

f:id:shallowwell:20160609172406j:image

ご丁寧にメニューが置いてあるので一番外国人に優しい店です。パッタイやご飯ものなど、炒めものメインです。

パッシーユ 30B

f:id:shallowwell:20160603100227j:image

センヤイという太麺をしょうゆで炒めた料理です。ほんのり甘いので優しい味です。日本の味にも少し近いので僕は好きです。

カーオパッドサパロッ 30B

f:id:shallowwell:20160609172325j:image

パイナップル入りのカーオパッド(チャーハン)です。さっぱりした塩味です。酢豚にパイナップルを許せる人は好きだと思います。

 

さいごに

とりあえず店舗を半分だけ紹介しました。紹介した料理もほんの一部で、いろいろ組み合わせられるので種類は無数と言えます。

屋台料理には抵抗がある、という人も、学食なら気軽に屋台料理に近い雰囲気のタイ料理が食べられると思います。

英語の表記もあるのでわかりやすいです。

ぜひ王宮やカオサン通りに遊びに来た時にタマサート大学に試しに来てください。