読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコク学生日報

バンコクに一年間留学している大学4年生。バンコクでの生活、旅行記、タマサート留学生とバックパッカーにむけた旅情報などをゆるく書いていきます。

ペナン島のここがよかったぞ!

今回はマレーシアの人気観光地ペナンについて、ひねくれている僕がいいなと思った場所を紹介していきます。

↓ペナンまでたどり着いた道のりはこちら

shallowwell.hatenadiary.com

 

 

f:id:shallowwell:20160704152757j:image

宿が集まるChulia streetは雰囲気よし。

ペナンのなにがいいの?

ペナン島は島の中ではまあまあ大きい部類に入ると思います。面積で言っても分かりにくいとは思いますが、290㎢あります。まあディズニーランド600個分

そしてペナン島が観光地として人気な第一の理由はその街並みにあると思います。18世紀半ばから、第二次大戦が終了後マラヤ連邦に参加するまでの間イギリスの植民地支配下にあったことがその理由です。ジョージタウン世界遺産地区で、ヨーロッパ風の建物を含めいろんな文化がミックスしていて、歩いていて気持ちのいい街並みです。

僕は3日もいたのにそのイギリスの建物をことごとく見逃してしまったんですが。

そのほかにもビーチがあり、自然があり、おいしい食事があり、幅広いアクティビティを楽しむことができます。

ってことで、大事な部分を見逃した僕が行ったみどころを紹介していきましょう。

Upside-down museum(顛倒博物館)

このUpside down musesmジョージタウン中心部にあるミュージアムです。ミュージアムとは言っても堅苦しい展示などは一切なく、ただすべてが真逆(Upside-down)になっている空間を提供しています。

f:id:shallowwell:20160704154233j:image

入り口の看板もサカサマで作成者の気合いを感じます。

ここですることはただ一つ、写真を撮ることです。すべてがさかさになっているので面白いようにトリックアート的な写真を撮ることができます。

f:id:shallowwell:20160710135918j:image

中に入るとかなりの数のスタッフさんがいて写真を取ってくれるので、ポーズを取るのが苦手な人でも従っていればいい感じな写真が取れます。それでも飽き足りない写真名人はクリエイティブなポーズや構図を考えてみるとかなり面白いものが取れると思います。頭を使って面白い写真が取れたらなかなか楽しいと思います。

f:id:shallowwell:20160710135924j:image

料金

大人は27RM。学生は16RM。学生は学生証を忘れないようにしましょう。宿等に1リンギットのパンフレットがあるので、探してみてください。

行き方

チュリア通りから南に5分ほど歩いたKimberley Streetにあります。

極楽寺Kek Lok Si)

ここはペナン中心部からバスで30分ほどの場所にある寺です。あまり地球の歩き方でも紹介されていなかったので行くつもりはありませんでした。しかし、それはペナンヒルに行こうとしてバスに乗っている時のことでした。

「なんだあのどでかいのは」

f:id:shallowwell:20160704154444j:image

あまりに大きい建築物を見つけて、ペナンヒルに行くのをやめて吸い寄せられるように行ってしまいました。あとから極楽寺という名前の寺だとわかりました。

 

近くのバスを降りると、土産屋が続く狭い道を行きます。

 f:id:shallowwell:20160704154508j:image

 登って行くと、大量の亀が泳いでいる池にたどり着きます。そこからどんどん登って、寺の一部の綺麗な庭にたどり着きます。

そこからさらに上に登れます。

ケーブルカーを使うと片道3リンギット。往復6リンギット

f:id:shallowwell:20160704154543j:image

かなり短いですが、歩いて登ると道が蛇行しているので15分くらいかかりそうです。

 

なかなか景色がよい。

f:id:shallowwell:20160704154607j:image

 家の屋根の色が統一されていて綺麗です。
ペナンヒルには負けると思いますが、はるかに格安で簡単に来ることができます。

f:id:shallowwell:20160704154640j:image

大きく見えた観音さまが近くで見られます。やっぱでかい。

行き方

Jeti(バタワースから着く港)、もしくはコムタからU201,203,204バスに乗ると、極楽寺のふもとのバス停にたどり着きます。

 

Selfie Coffee Penang

Selfie Coffee PenangはペナンのLove laneという通りにあるカフェです。

f:id:shallowwell:20160710140725j:image

これは僕の柄ではなかったのであまりに乗り気じゃないながらも、連れられてやってきたのがここです。

僕は全くわけもわからず写真を取らされて席で待っていると、スタッフが持ってきたのがこれ。

 f:id:shallowwell:20160710135959j:image

なにこれすごすぎ!

間違えて僕を2匹映し出しちゃったらしいですw

ってことでこのカフェのすごいところは、自分のセルフィーをそのままコーヒー映し出せるところ。しかもかなり画素数高そうです。

どうやらレーザーでクリームの上にに印刷しているようです。身体に良いはずはないと思うんですが、まあ大丈夫でしょう。

なかなか自分の写真が貼ってあるものを飲むのも心苦しいんですが、思い切ってストローをぶっ刺して飲みました。

f:id:shallowwell:20160710140210j:image

 

1杯13RMとやや割高ですが、試してみる価値ありです。

行き方

Chulia StreetからLove laneに入ってすぐの左側。

 

ラピッドペナンバスを使いこなしたい

ペナンではRapid Penang Busというエアコン完備のバスが走っています。

バスを使えば紹介した場所に簡単に安く行くことができます。極楽寺やペナンヒル、さらにペナン国立公園にもバスで行くことが出来ます。

そのうち、ジョージタウンの主要見どころを回るCAT(City Hop On Free Central Area Transit)のルート は無料で乗ることができます。

バスの中心はコムタタワー下

ほぼすべてのバスが、コムタタワーにある、コムタバスターミナルに接続しているので、ひとまずこのコムタに来ればここからどこへでもいけるということです。

バタワースから来た場合はJETIのターミナル

船でバタワースから着いた場合はJETIというバス停からバスに乗ることができます。ここからもかなり多くのバスが発着しているので便利です。ちなみにJeti(Jetty)とはマレー語で港って意味なんだと思います。

料金

料金は距離制です。最安で1.4RM。最高で4.0RMです。高くはないので気軽に使うことが出きかす。

さいごに

世界遺産は見られませんでしたが、チュリア通り周辺を歩くだけでもその町並みの雰囲気の良さ、美しさは十分に味わうことが出来ました。おもしろいみどころもたくさんあると思うのでぜひ歩き回ってみてください。

今回は自画写真を晒しすぎてやや見苦しかったかと思うので次回から控えます。

 

↓ ペナン島で味わった別世界の体験記はこちら 

shallowwell.hatenadiary.com