読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコク学生日報

バンコクに一年間留学している大学4年生。バンコクでの生活、旅行記、タマサート留学生とバックパッカーにむけた旅情報などをゆるく書いていきます。

野菜を食べるカレーCamp in バンコク【サイアムパラゴン】

バンコク情報

サワディーカ!

 

サイアムパラゴンを歩いていてたまたま野菜を食べるカレーCampを見つけたので、行ってきました。

f:id:shallowwell:20160706111822j:image

実は僕は日本では美味しいカレー屋を食べて回ることにハマっていて、中央線沿いのいろいろなカレー屋さんに行っていました。

このCampは、かつてどこかのテレビで紹介されたのを見て以来ずっと行きたいと思っていました。が、とうとう行き逃してタイに来てしまいました。

まさかタイで食べれるとは思っていなかったので、パラゴンで見つけた時は驚きましたね。

こんな感じで、バンコクには日本から来たチェーンレストランがめちゃくちゃ多いです。スクンビット通りには個人経営のお店もたくさんあります。

内観

店はオープン式です。

f:id:shallowwell:20160706113149j:image

照明はランタン。食器もキャンプ用品が使われていて、キャンプ気分を高めてくれます。

f:id:shallowwell:20160706114511j:image

でも日本の店の方が雰囲気はよりキャンプ風に洗練されているんじゃないかと思います。

メニュー

1日分の野菜を食べるカレー 190B

f:id:shallowwell:20160705233442j:image

これがCampの看板料理です。

キャンプ用のフライパンで運ばれてきます。豪快な音と煙を立ててジュージューしながらやってきました。んまそう。

にんじん、じゃがいも、トマト、オクラ、コーン、ネギ、玉ねぎ、パプリカ、鶏肉。これぞ1日分の野菜、と言わんばかりの種類と量の野菜が入っています。

 キャンプで食べるカレーのようにワイルドでガツンとくる味わいです。それでいて変なクセはなく、味が整っていて美味しいです。辛さは中辛程度。鶏肉が少し入っているのですが、もう少し肉の旨味があってガツンときたらな、と思いました。まあ野菜カレーなんでそれを言ってはおしまいなんですが。笑

物足りない人はトッピングで肉を足すといいと思います。

 

ハヤシライス 150B

f:id:shallowwell:20160706112159j:image

友人が食べていたので味見させてもらいました。運ばれてくるとその場でルーをフライパンに入れてくれて、いい音と煙が食欲をそそります。

ハヤシライスのワイルド番です。(適当)

チーズをトッピングしたらよさそうですね。

 

 その他バラエティあり

他にも目玉料理のBBQカレー(320B)、

f:id:shallowwell:20160706114804j:image

トウキョウカレーというキーマカレー(140バーツ)、

トンカツカレー(250バーツ)などいくつか種類があります。

f:id:shallowwell:20160706114823j:image

課金トッピング

課金すればいくらでもカレーを豪華にできるのがここの特徴です。

f:id:shallowwell:20160706113044j:image

コーン10B、チーズと卵は20B、鶏肉は50B、牛肉は150Bなどなど。野菜カレーに肉を追加したら最強のカレーになりそうですね。

 

行き方

BTSサイアム駅下車すぐ、サイアムパラゴン4階。

 

予算

140バーツ〜400バーツ

 

さいごに

日本だと1000円ほどする1日分の野菜カレーが約600円で食べられてしまうのはお得感がでかいですね。うまいし。

不満としては、辛さの調節を頼んでもできないと言われたところですね。まあそんなに辛くないんで普通の人は食べれると思います。

日本であれば、代々木本店を中心に全国に店舗があるそうなのでぜひ行ってみて、感想を教えてください。笑

camp web